備考欄の穴あり、穴なしの解説

穴あり、穴なしタイプ

ベルトと本体を留めるバネ棒の両サイドの穴のことです、本体横から見て穴が 「有るか?」 「無いか?」の違いです。
大体のモデルで旧式になれば穴が開いているものが多いです、査定価格も穴が開いているモデルより開いてないほうが高年式なので、査定額もアップします。


備考欄の新ベルト・旧ベルトの解説

旧ベルト、新ベルト

ベルトと本体を留めるフラッシュフィットの部分を見てください、左画像の両サイドが丸く膨らんでいるものが 「旧型」 、右画像のスリムに収まっているものが新型です。
査定価格もスリムに収まっているものは高年式なので、査定額もアップします。


トップへ戻る